少数派

自分は普通だ、と思っている人は、

この世の中に、どの位いるのかと

考えることがあります。

できるなら普通になりたい、

普通になれない、と考えている人たちより、

ずっと多いのでしょうか。

仕方ないから普通でいるという人は、

どの位いるのでしょうか。

もしかしたら、普通の人の方が、

少数派ではないのでしょうか。

コメントの投稿

Secret

普通とは

普通って難しいですね。
何を普通というのか。

自分の信じてる普通が、
相手の普通とは違っていて、
驚くことも多いです。

でも皆違う環境や状況で生きてる訳だから、自分と違う普通が存在するのもあり得ること。

自分の普通も相手の普通も
同じ普通と考えられたらいいな、と思います。

普通

普通こそが特別と思っています


大事にしたい、普通

一人ひとりの、大切な 普通

わかります。

普通でなく個性だと自分のことを感じるようになってから、私は人生を楽しめるようになりました。私は、幼稚園の先生をしていますが、幼少期は両親からの虐待、父が母を何度も殺そうとする、という劣悪な環境で育ち、自尊感情なんて全くありませんでした。私はおそらく、いや確実にアスペルガーですが、発想を変えてアスペルガーでも仕事ができるようになりました。障害が重くても、愛されて育った東田さんのような方のほうが、よっぽど幸せだろうと羨ましく思う私は、おかしいでしょうか。今は、自分の経験を活かして、少しでも不安や悩みを抱えた人を支え、人生を楽しめるように仕事をしています。これからも大好きな東田さんの本、楽しみにしています。

普通なんてありえない!?

私は「この人は普通だ!」と感じる人に出会ったことがありません。
「普通になりたい」と考えている人がいるとすれば、その人の考える「普通」とは一体何なのでしょうか?
人間が定めたルールに真面目に従って生きている人がいたとしても、私はそのような人に対しても「どうも普通ではないな」と感じてしまいます。
普通の人なんて少数派ではなく、古今東西、存在しないのではないでしょうか?

私もいつもそう思っていました。

「自分が普通であり、貴方は普通ではない」と周りを非難する人がいますが、
そんな時、「普通」を「平凡」に言い換えたら、笑えます。

違いを認め合うことが平和の第一歩だと思うので、普通を語る人程傲慢な考えの人は居ないと感じます。

私が勝手に作った言葉なのですが
「ノーマル症候群」いかがでしょうか。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR