FC2ブログ
僕は、眠りに着く時、そこにあるものを

じっと見ます。

そこにあるものとは、目の前にある壁や天井、

家具ではなく、目に入り込んでくる空気です。

意識しなければ存在すらない。

けれども、確かにそこにあって、

僕に大切なことを教えてくれる。

自分の目の中で空気が漂う間、

僕は気持ちを無にします。

帰らぬ時間への寂しさはありません。

こんな静かな時間を過ごせることに

感謝しながら、

僕の一日は終わります。

2016.07.07 Thu l エッセイ l コメント (3) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.10 Sun l . l 編集
名前の読み違え。
以前、レインボーおやじさまのコメント欄でお会いしたものです。
私自身は7歳からの全聾(105dB両耳)。両親が読唇術で育てたので、
手話を覚えるのもゆっくりです。
喋るのを思い出すより早くタッチタイピング(当時はブラインドタッチと言われてた)を覚えたの。

綾屋紗月さんの本とか、動物学者としてのテンプル・グランディンさんの本も読んでます。

またどこかで、おめにかかりましょう。
2016.07.12 Tue l 高柳志津. URL l 編集
ステキな言葉たちです。私もこんな風に考えながら眠りにつきたいです。
2016.12.18 Sun l みお. URL l 編集

コメントの投稿