人間という動物

どんな時にも、人は強く生きられると言われています。

けれども、悲しみのどん底にいる人にとっては、どのような言葉も

むなしいだけでしょう。

「もしも」という言葉が、頭をかすめた時、今より悪い

状況だったかもしれないと想像する場合は、

気持ちに余裕がある時なのかもしれません。

たいていの人は「もしも」という言葉が浮かんだ時には、

こうしていれば良かったと考えます。

どれだけ過去に戻っても、これが正解だったのだと

いう答えはありません。

なぜなら、人間は、一人で生きているわけではないからです。

自分ひとりの力では、どうしようもないことの方が多いのが

現実ではないでしょうか。

この世には、数えきれないほどの人間が生きているのです。

誰もが苦悩しています。

あなたが悪いわけではありません。

今いる場所で精一杯生きていかなければならない、

それが人間という動物だと思うのです。

コメントの投稿

Secret

お久しぶりです!

直樹さんお元気でしたかー??

本当に!
結局は、今できることを目一杯することなんですよね。
しかし怠惰な私はなかなかできず、いつも何かと後回しです。。。
今日も反省がありました。

まずはこれ!と1つずつ。
今は筋トレをしていこうと思います!

No title

直樹さんの文章が久しぶりに見れて嬉しいです^^

誰もが「事情」がある中で、精一杯生きているということ意識すると、
自分も他の人も、「これでいい」と受け入れることができますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

未来

あの時、ああしていれば。
確かに思うことがありますね。

でも仮に時が戻ったとしても
同じ状況で自分が考えるとしたら、
やはり同じ行動をとる気もします。

そうですね。過去を後悔するよりも
今を精一杯生きるのが大切ですよね。
それが自分にとっての
よりよい未来に繋がるのでしょう。

たしかに…。
直樹さんのブログに、色々と考えさせられます。
ありがとう直樹さん。
ブログの更新いつも楽しみにしています!

なかなかできないんですよー

今いる場所で精一杯生きていかなければならない

くー、なかなかできないんですよ。みんなちょっと背伸びして、上を向いて歩こうなんですよ。
涙がこぼれないようにね!
頑張ろう! ってやっと思えるようになりました。ありがとう!v-290

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

久々に来ました。
とても後悔することがあって半年くらい引きずっています。
だけと、この文章を読んで相手ありきの決断だった。どんなに引き伸ばしても同じ決断だった気がします。

次の機会に備えて頑張ります。
ありがとう。

願望

できれば苦悩なんてしたくはない、と思います。
誰のせいで今の自分がこうなってしまったのか、明確にはわからないけど・・・今、自分がいる場所で精一杯楽しく生きられる、そんな自分になりたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR