「あきどく」の大賞受賞のお知らせ

僕の著書「跳びはねる思考」(イースト・プレス)が

『とっとり 秋の読書大賞2015』の大賞に選ばれました。

これは、前年の8月から今年の7月までに刊行された

本の中から、鳥取県内の高校図書館で働く司書の

有志の方々が選んでくださった「おすすめの本」です。

ご興味のある方は、ここをクリックしてください。

下にスクロールしていただくと、『跳びはねる思考』の本の

表紙の下に、僕の受賞メッセージも掲載されています。

皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

コメントの投稿

Secret

直樹さん、授賞おめでとうございます❗
膨大な数の書籍があるなかで、堂々の大賞なんてすごいですね✨

直樹さんのメッセージが、たくさんの人の心に届きます様に❗

おめでとうございま~す。♪

おめでとうございま~~す!! すごいですね。とても嬉しく思います。\(^o^)/♪

No title

「あきどく」の大賞受賞おめでとうございます♪

直樹さんの想いが綺麗な言葉で綴られて、
たくさんの人に感動や共感を与えている事が、
こういう形になってわたしも嬉しいです。

これからも、直樹さんの想いを発信し続けて下さい。

楽しみにしています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おめでとうございます!!
とても嬉しいです!

私もうれしい

おめでとうございます。
私も大好きな本が選ばれてうれしい気持ちです。

おめでとー!

おめでとー!
高校図書館で働く司書の有志の方々が選んでくださった「おすすめの本」
というのが清々しくていいですね。
みんな嬉しいです。

受賞おめでとうございます!

本日、かでるでの講演会に参加した者です。

とても考えさせらました。

今後のご活躍、期待しています!

あきどく大賞おめでとうございます。

初めまして。
私は都内の大学に通う教育学部の学生です。
先日、大学の講義で東田直樹さんのドキュメンタリーを見ました。東田さんをはじめ、世界中の自閉症のかた、そのご家族が日々を苦悩しながらも精一杯生きている姿に感動しました。
東田さんの著書、跳びはねる思考も読ませていただきました。東田さんの言葉はまっすぐで染み込むように心に入ってきました。本を読みながら、施設実習でお会いした障害をもつ方々を思い出したり、自分のことをかえりみたりしました。
東田さんの本、大好きです。よく読み返しします。東田さんのこれからのご活躍を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

東田さん、大賞受賞おめでとうございます。
東田さんの『跳びはねる思考』を僕はまだ読んでいませんが、図書館で借りて読んでみようと思います。
人にはいろんな思考の仕方があるのですね。僕の知り合いに気を付けをする思考を持ち続けている人がいます。彼は僕と同じ福祉施設を利用しています。
障碍者のさまざまな思考が現代の社会を平和にしているというのは紛れもない事実であると僕は思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR