FC2ブログ
少しだけ嬉しいことも、

少しだけ悲しいことも、

みんな思い出になります。

いつまでも覚えているもの、

すぐに忘れるもの、

どれも、これも過去になります。

だから、今を一所懸命に生きるのです。

過去になる前に、できるだけ

自分の生きた証しを残したいのです。
2018.06.14 Thu l エッセイ l コメント (1) l top