雷の音は、凄まじいです。

まさに、天地を揺るがすほどの音です。

得体の知れない化け物に襲われそうな感じがします。

僕は、最初に雷の音を聞くと、まず聞いたことがある音かどうか

判別しようとします。

聞いたことのある音だと、何の音か考えます。

過去の場面が、次々に頭に浮かんできて、

雷だとわかると、急に怖くなり、雷に関する

事故のニュースまで思い出し、自分はどうしたら

いいか迷います。

僕は、「雷、雷」と言い、部屋の中を、うろうろしながら、

雷の時は、どうしなければいけないのか、お手本となる場面を

記憶の中から探そうとします。

けれども、すぐに見つけることは難しく、そうこうしている間に、

雷は終わってしまうのです。

終わってしまえば、雷について考える必要はなくなるので、

僕の思考も次に移ります。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR