挑戦

できるはずがないと考えていると、

挑戦することも難しいです。

けれど、もしかしてできるかもと思えば、

やってみようとする人も現れます。

そうして、人類は発展してきました。

それが、進化と言えるのかどうかはわかりませんが、

どんな人にも挑戦する機会はあるべきだと思っています。

ただ、それなら、その結果に関しても、

受け入れなくてはなりません。

評価してくれない世間が悪いのではなく、

それが今のその人の実力だということです。

もっと頑張るのか、あきらめるかは自由です。

どれだけ頑張ったとか、どんな人だからというのは、

慰めにしかならないでしょう。

差別と競争と実力、この違いは何だと思いますか。

どんな世の中がいいのか、

みんなで考えていかなくてはなりません。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR