走ること

小さい子が、運動会で走っている姿を見ると、

自分の走るコースがよくわかっていると感心します。

幼稚園の頃の僕は「よーいどん」と言われても、

走り出すこともできませんでした。

背中を押されて、数歩前に出ても、

どこをどう走ればいいのかわからず、

僕は立ち止まってしまうか、

コースから飛び出し、ブランコや滑り台がある

遊具の所に走り出していたのです。

練習しても、僕がひとりで決められたコースを

走れるようにはなりませんでした。

当時の僕には、コースのラインもゴールのテープも

見えていなかったのでしょう。

それでも、運動会の記憶が、

嫌な思い出として残らなかったのは、

周りの人がにこにこして、

僕を応援してくれたおかげです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR