夢を見た次の日、僕は夢を見たことを、

覚えている時と覚えていない時があります。

起きた時には覚えていても、

やがて忘れてしまうことも多いです。

夢とは、現実にはありえないのに、

どこまでも現実に近く、僕がいる世界が

ふたつあってはいけないと、

脳が自動的に消去してくれるものだ

という感じがします。

僕は、どんな夢を見たのか忘れても

悲しくありません。

夢の世界は、もう一人の僕の居場所です。

現実の世界が、今の僕の居場所であり、

失くしてはいけない記憶だからです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR