褒められること

僕は、どうしてすぐに人に注意されるのか、

小さい頃はわかりませんでした。

辛いばかりで、何を言われているのかもわからず、

自分が悪い子だという現実に、

押しつぶされそうになりました。

それなら、怒られないような環境をつくればいい

と考える人もいるでしょう。

今も、僕は注意されてばかりです。

それは、僕が悪いからだと自覚しています。

どうしても治らないこともあります。

それでも、諦めずに注意して欲しいと、

僕ならそう思います。

小さかった僕を支えてくれたのは、

ほめられた記憶ではありません。

こんな僕でも、途中で投げ出すことなく

愛情を注ぎ続けた人が

いてくれたおかげです。

褒められて伸びる子は、確かにいると思います。

ただ、それだけではだめだということにも、

みんな気づいているのではないでしょうか。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR