FC2ブログ
僕は、どうしてすぐに人に注意されるのか、

小さい頃はわかりませんでした。

辛いばかりで、何を言われているのかもわからず、

自分が悪い子だという現実に、

押しつぶされそうになりました。

それなら、怒られないような環境をつくればいい

と考える人もいるでしょう。

今も、僕は注意されてばかりです。

それは、僕が悪いからだと自覚しています。

どうしても治らないこともあります。

それでも、諦めずに注意して欲しいと、

僕ならそう思います。

小さかった僕を支えてくれたのは、

ほめられた記憶ではありません。

こんな僕でも、途中で投げ出すことなく

愛情を注ぎ続けた人が

いてくれたおかげです。

褒められて伸びる子は、確かにいると思います。

ただ、それだけではだめだということにも、

みんな気づいているのではないでしょうか。

スポンサーサイト



2017.01.12 Thu l 未分類 l コメント (10) l top