FC2ブログ
小さい頃に読んでいた本が、

段ボールの中から出てきました。

僕は思わず手に取って、見入ってしまいました。

そして、匂いをかぎます。

古い本の中からは、特別な匂いがします。

もしも、時間に香りがあったなら、

こんな匂いかもしれません。

僕は何度も、本の匂いをかぎます。

時間の旅。

記憶の中に埋もれた僕は、

今、どうしているのでしょう。

古い匂いは、懐かしさと切なさを

僕に与えてくれます。

スポンサーサイト



2017.01.07 Sat l エッセイ l コメント (4) l top