あっらぁー

肘が痛いと思って袖をめくると、肘のところが

赤くなっていました。

きっと、肘をつき過ぎたのでしょう。

その様子を見て、隣にいた母が一言

「あっらぁー」と言いました。

それで終わりです。

僕が、作家という仕事をしているので、

皆さんは、母がどんなに素晴らしい言葉かけを

僕にしているかと、想像されているかもしれませんが、

それは違います。

大体こういう時、母は「かわいそう」とか「痛いでしょ」とか

言いません。

自分がびっくりして、おしまいです。

でも、そんな母だから、僕は自由に、物事をとらえられたし、

きゅうくつな思いをして育たなかったのだと思います。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR