FC2ブログ

僕は、歩いている時、できるだけ前を向くように

していますが、柵などがあると、顔を近づけ

走りたくなってしまいます。

すぐに注意され我に返りますが、柵を見ると

また、やってしまうのです。

僕が、そうしたいというより、僕の目が

それを望んでいると感じる瞬間があります。

走りながら柵を見ると、ドミノ倒しを見ている時

ように快感です。

僕の目は、規則正しく動くものに惹かれるのです。

回るものも、エスカレーターで階段が次々と

出てくる様子も同じです。

繰り返すものに対して、つまらないと思う人も

いるかもしれませんが、僕は見ていて飽きません。

そこに、僕の求めている「永遠」があるからでしょうか。

2015.08.26 Wed l 自閉症 l コメント (10) l top