「うん」

僕は、ようやく「うん」と返事ができるように

なってきました。

それは、どのタイミングで言えばいいのか、

わからなかったからではなく、「うん」と言いたくても

声が出ないという感じだったからです。

自分の意志で、言葉が出ないのです。

話そうとすると、頭が真っ白になる僕にとって

わかっているという意思表示の「うん」さえも、

まるで手に届かない星のようでした。

僕は今「うん」という言葉を言う際には、

「うん」と発声しているわけではありません。

お腹に力を入れて、音をしぼり出している

のです。

僕は、こうすると「うん」という音を出せることに

偶然気づき、それからは「うん」の返事の時には

お腹に力を入れるようにしながら、

この音を出しています。

みんなが、うなずいたり、気軽な返事につかったり

する「うん」とは違いますが、これができるようになる

だけでも、気持ちは楽になります。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR