わからない

わからないことが、わからない

という経験をしたことは、ないでしょうか。

障害者に接する人の中には、そう感じている人も

いるでしょう。

障害については、まず理解してもらうことが重要

だと言いますが、義務のように理解してもらっても

どれくらい意味があるのだろうと、考えることが

あります。

自閉症以外の障害については、僕も知らない

ことの方が、多いと思います。

関係者は、障害の啓発のために、楽しい企画を

すればいいとか、大変さをわかってもらっていない

からだなど、原因を探り、理解を得るために

いろいろな方法を試みます。

そのどれも、間違ってはいないのだと思いますが、

理解が広まらない一番の理由は、世の中には

想像以上にたくさんの人が住んでいて、価値観も

様々だ、ということではないでしょうか。


プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など20冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR