おもしろいと感じること

ずっこけている人を見ると、みんな笑いますが、

僕は、なぜ、おかしいのか、よくわかりません。

それよりも、何かが飛び出してくるような

仕掛けの方が、楽しいです。

ずっこけるのが、笑いをとるというより、

失敗のようなイメージだからかもしれません。

ずっこけた姿を見ると

どうして、そうなってしまったのか、

何となく僕は、嫌な感じがしてしまいます。

意外性という観点から、人は笑いを

引き出そうとすることがありますが、

万人がおもしろいと感じるものを

表現するのは、思った以上に

難しいのかもしれません。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など21冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR