笑い声

家族の笑い声を聞いていると、幸せな気持ちに

なります。

それは、楽しい絵本を読んでいる気分と

似ています。

ずっと遠くのできごとのようで、

永遠に続く物語のようで、

それでいて、淡いシャボン玉みたいに

ふわふわしているのです。

幸せな記憶というものは、小さい頃に聞いた

子守歌の続きではないでしょうか。

記憶の底に埋もれているはずなのに、

なければ生きていけないくらい、

大切なものなのです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR