11月30日新刊2冊出版記念イベント

11月30日(日) 東田直樹・東田美紀トークイベント
のお知らせです。

『跳びはねる思考』(イースト・プレス)
『ありがとうは僕の耳にこだまする』(角川学芸出版)
この2冊の本の刊行記念イベントを開催します。
ぜひご参加ください。
どうぞ、よろしくお願いします。

トークイベント参加ご希望の方は、
リブロ池袋本店書籍館地下1階
リファレンスカウンターにて
参加チケットをお求め下さい。

ここをクリックしてください。

※『跳びはねる思考』(イースト・プレス)は発売中、
『ありがとうは僕の耳にこだまする』(角川学芸出版)は
11月下旬発売予定です。
※当日、会場では、東田直樹直筆サイン本の
販売を予定しています。サイン本には
数に限りが有りますので、売切れの際はご容赦ください。

日時:11月30日(日)午後4時~5時50分(予定)
会場:西武池袋本店別館8階 
池袋コミュニティ・カレッジ コミカレホール
参加チケット:1,000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階
リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910

当面、この記事は1番目に表示されます。
それまで最新の記事は、上から2番目の記事になります。



重度の自閉症なのに

重度の自閉症なのに人の気持ちや

周りの状況をわかっている点において、

僕が重度の自閉症ではないと、

考えている人もいます。

僕は、訓練によって自分の本当の考えや

気持ちを表現できるようになったのです。

ただ、パソコンが打てるようになることや、

アスペルガーの方が自分の気持ちを

表現しているのと同じではないと

思っています。

重度の自閉症者が見かけだけでは

理解してもらえない思いを持っていると

想像できない人にとっては、

僕はいつまでも、例外的な自閉症者

なのでしょう。


「ありがとうは僕の耳にこだまする」新刊発売のお知らせ

僕の新刊「ありがとうは僕の耳にこだまする」が

11月20日に角川学芸出版さんから発売される

ことになりました。

アマゾンでの予約も始まりました。

ご興味のある方は、ここをクリックしてください。

僕が詩をつくる時に、考えることは、僕の詩を読んで

くださった方が、どう思うかではなく、どれだけイメージを

ふくらませられるかです。

難しい言葉は、あまりつかっていません。

文章というものは、言葉の組み合わせで

成り立っています。

僕は、簡潔で優しい言葉に惹かれます。

なぜなら、誰もがわかる言葉こそ、みんなに愛された

生きている言葉だと感じるからです。

ありきたりな日

曇りの日は何だか景色も、ぼやけて見えます。

悲しくもなく、嬉しくもない、普通の気持ちに

似ているのではないでしょうか。

全く同じ日など無いのですから、普通がどんな日か

なんて、決めるのは大変です。

僕は、普通の日を、ありきたりな日と呼んでいますが、

僕にとっては、これから起きる出来事が、大体

予想できる日のことです。

それは、おだやかで、愛にあふれた日なのだと思います。


ダメな父親

ダメな父親など、

いないと思います。

それは、ダメな子供が

いないのと同じです。

自分のことを「ダメだ」と

言っている限りは、少なくとも

いい父親になりたい、

という意欲がある、

すばらしいお父さんでは

ないでしょうか。
プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など14冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR