かけっこ

僕は、小さい頃、走るのが苦手で

徒競走では、いつもビリでした。

僕にとって走ることは、人と競争することや

辛いことではなく、楽しいことだったので、

「走って」と言われると、うきうきしてしまうのです。

まるで、デートにでも行くような気分になるのだと

思います。

だから、ついスキップしたり、腕をぐるぐる回したり、

よそ見をしながら走るのでしょう。

みんなは、早くゴールにたどり着きたいみたいですが、

僕は少しでも長く、この時間を楽しみたいので、

ゴールすると、がっかりしてしまいます。

徒競走の目的からは、ずれていますが、

笑顔でゴールを迎えてくれる人がいれば

嬉しいです。

2015年5月3日 横須賀での講演会について

2015年5月3日(日)午前10時から12時

神奈川県横須賀市のヨコスカ・ベイサイド・ポケットにて、

僕と母の講演会が開催されます。

主催は、社会福祉法人海風会様です。

入場は無料ですが、

ご参加を希望される方は、お申込みが必要です。

ご興味のある方は、ここをクリックしてください。

どうぞ、よろしくお願いします。

「君が僕の息子について教えてくれたこと」再放送のお知らせ

僕が出演させていただいた

NHKのドキュメンタリー番組

「君が僕の息子について教えてくれたこと」が

平成26年度文化庁芸術祭 テレビ・ドキュメンタリー部門

で、大賞を受賞したということで、

再放送されることになりました。

〔NHK総合〕2015年5月4日(月)

13:05~14:04です。

よろしければ、ご覧ください。

僕は、亀が好きです。

動きがゆっくりなところが、とてもいいと思います。

じっとしていても、動いていても、時間は平等に流れるのに、

人は何かに追われるように生きています。

亀を見ていると、時間というものは、

本来ゆったりと流れているものであって、

自分たちの生活が、いかに詰め込み過ぎで

せかされているかがわかります。

どんな動物も、一生懸命に生きています。

亀がのんびりしているように見えるのは、

人間の願望なのかもしれません。


ビッグイシューオンラインで紹介されています

ビッグイシューオンラインに、ビッグイシューで掲載された

僕の記事が、一部掲載されています。

ご興味のある方はここをクリックしてください。

プロフィール

東田直樹

Author:東田直樹
会話のできない重度の自閉症。自閉症、絵本、詩集など14冊の本を執筆。東京大学(2回)、福岡女学院大学ほかで、講演会を開催。パソコンおよび文字盤ポインティングにより、援助無しでのコミュニケーションが可能。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR